excitemusic

音楽バンザイ!
by mitsuyuki0309
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
MEMO EDIT
ホームページも見て→ここ
最新のトラックバック
初でこれかよw
from パイパソ専門
Scat eating.
from Scat sex.
Valium stati..
from Valium.
Side effects..
from Xanax.
羞!恥!心!
from 金 太 郎
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
eSF3ISzJいいです..
from eSF3ISzJ大乱交スマッ..
kL1kkBtUいやマヂ..
from kL1kkBtUくれくれ厨
Bbnim9VGディープ..
from Bbnim9VGハメ次郎
Furniture li..
from Wood living ro..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


CD購入状況・・・

ふぅ~、今年のカゼは腹にくる。下痢、下痢、下痢、で5日も悩まされてホント、苦しかった~
でも、それがさえ治れば、またいいバンド探しの毎日を過ごしてる訳であります^^;
相変わらず、気に入ったバンドを見つけては、次々と買い占めてま~す!!
前回の投稿から今までの間にも、いいバンド、いいCD買ったので紹介しますね。

b0058837_1518126.jpg
①Fightstar『One day son, this will all be yours』
待ちに待った、ファイトスターの2nd。国内版の発売予定はないみたく、我慢できなくて
UK盤を購入しました。いや~、お手元に届くまで約1ヶ月かかったけど、待ったかいが
ありました。
ざっと聴く感じ、楽曲のアレンジは前作よりヘヴィーで、より楽器一つ一つの生音がジワジワ
伝わってくる感じですね。逆にそれがなかったらファイトスターじゃないんだけど・・・
前作と比べると、全体的にメロディーはポップな方かな?って思う・・・
1stシングルカットの『We Apologise For Nothing』なんかが良い例。
シャウトもわずかだけど減り、スクリーモって言うより普通にヘヴィーロックになってますね。
まあ、個人的にはカッコよければどっちでも構わないけどね・・・^^;
でも、そんな中5曲目の『Deathcar』はエクストリーム+スクリーモって感じで、
かなり気に入っています。エクストリームの曲ばかりを集めたマイベストに即、追加です^^

b0058837_15222434.jpg
②SPOKEN『SPOKEN』
HMVのScreamoコーナーで視聴し、即買いでした^^;
いや~やばい、やばい。爆音で聴かずして他にどのような聴き方がある?
って言いたくなるくらいヤバイです。
最近、エクストリーム系にどっぷりハマっているのですが、もろそれに当てはまる
楽曲ばかりが勢ぞろいですな。きっかけは、Underoathの3rd『Define The Greatest Line』に出会ってからなんですが、スクリーモにカテゴリーされながらも、それともまた
ちょっと違う分類って言うのかな? スクリーモ+ポストハードコア的な匂いをプンプン
感じます。
・・・かと、思いきや5曲目の『YOU'RE THE ONE』では、バラードをご披露!!
一瞬、違うバンドか?って思うくらい、上質なメロディーでアルバムのハーフタイムを
勤めてくれてます。
ネットで調べたら、どうやら今作は3rdみたいで、3作とも輸入版でのみ出回ってるみたいです。
てか、そのほうが財布にも打撃が少なく済むんでいいんですけどね・・・

b0058837_15224697.jpg
③CRY OF THE AFFLICTED『THE UNVEILING』
②と同様、HMVのスクリーモコーナーで1位に置いてあったのを聴いて、即買いでした。
定員さんのコメントにはポストSAOSINって書いてあったけど、正直、どこが?って感じ
でしたけどね・・・^^; 確かに、Vo.の声質は、似てる部分があったけど・・・
でもまあ、1曲目からテンション上がりますね! SPOKENともまた違ったエクストリーム
な曲を作り上げてます。コッチの方が、若干ポップさが薄れてダークな感じがするかな・・・
これも全曲通して爆音で聴かないと損ですな^。^

b0058837_15251068.jpg
④AS I LAY DYING『an ocean between us』
メタルコアの中では、かなり有名なバンドですね。最近は、エクストリーム系に
ハマっているんですが、それの土台を気づいてくれたのがメタルコアでした。
今年の夏はほとんど、メタルコアで埋まってて、その流れで購入しました。
確か、4thだったと思います。
このアルバムも全体を通して一気に聴ける一枚ですな。メタルにも色々あるけど、
今はこの「メタル+ハードコア」ってところが、かなり壷ってます。
ジャーマンメタル、スラッシュメタル、メロスピ、メロパワも確かに悪くないけど、
なんか飽きるんだよね・・・
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-11-03 15:25 | 洋楽ロック

デス! コア! メタル!

最近、無性にメタルにはまっております。
メタルと言っても俺の場合は、デスメタル、メタルコア、ブルータルメタルの方になるんですがね^^; 元々メタルが好きになったきっかけが、誰もが知ってるXを聴いてからで、その流れで洋楽のメタルにも手を出し始めたって訳です。
でも、当時はメタルって言ってもXしか聴いた事無かったので、[超ハイトーンヴォーカル]+[バスドラがコトコト]+[長いギターソロ]っていう材料しか頭に無かったんですね。
それで、最初に聴いたのがSonata ArcticaのWinterhearts Guildだったんだけど、正直、4曲くらい聴いてすぐに飽きてしまって、それからしばらくメタルには興味を示さなかったんですよ。大体、2年前なんですが・・・
でも、ココ半年くらいでですかね~ スクリーモやハードコアにどっぷりハマっている時にAutumn Offeringって言うメタルコアバンドの曲がラジオから流れてきて、「なんだ!?このテンションが高まる感は?」ってなって、即CDを買った訳ですよ!
いや~あれは、スゴイ衝撃でしたね^^ 個人的に一番魅かれたのがやっぱり”デスヴォイス”で、他にもハードコア調のギターリフ、メロディックメタルとはまた違った早引きギターソロ、とか、もう俺の中の壷をほとんど突かれましたから^^;
それで、最近はメタルコアを中心にCDを集めてるって訳です。
ちなみに、Autumn~以外で良かったバンドを紹介します。

①Bullet For My Valentine
②Endwell
③It Dies Today
④The Agony Scene
⑤Hatebreed
⑥Arch Enemy
⑦Bleeding Through
⑧Children Of Botom
⑨All That Remains
⑩Unearth
⑪Still Remains
⑫Caliban
⑬As I Lay Dying
⑭Trivium
⑮Exhumed
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-07-29 12:07 | 洋楽ロック

上半期「良いアルバム」-洋楽ロック編-

今年も早いもので、もう7月中旬にさしかかってしまいましたよ~
この半年間は、それなりにいいバンドに出会えた気がします^^
自分の傾向としては、やはり、エモ、スクリーモ、メタルコアを中心に
CDの購入を行っていた気がします。
早速ですが、この半年間で発売した、もしくは、購入したCDで
「これは良かった!」と思う作品を紹介したいと思います。
たぶん、以前に紹介したものとカブるかもしれませんが、そこらへんは
了承ください・・・^^;

①Enter Shikari 「Take To The Skies」
このバンドには、驚かされましたね!ジャンルで区分けできそうで、できないんですもん・・・^^;
材料的には、スクリーモ+ハードコア+微妙にトランス?テクノ?がいい感じに混ざってて、独自のジャンルを作り上げてるって感じです。
雑食の俺としては、かなり衝撃的で独特なアレンジ、サウンドにすっかり壷を押されましたね^^;
何度聴いても飽きないって言うか・・・ 感覚的にリンキンを聴いているかのようでしたね。
てか、早速、カブリましたね・・・

②All That Remains 「Fall Of Ideals」
まさしくメタルコア! 絶対爆音で聴かないとダメです!!
特徴的には、他のメタルコアバンドと比べると比較的、ハードコア色が強いんだけど、メタルのパーツはしっかりしてて、ギターソロなんかはかなり聴きどころです。
最初っから、全曲同じような曲なのは確かなんだけど、曲のスピード感やデスボイスの心地よさが何度聴いても飽きません^^

③Madina Lake 「From Them, Through Us, To You」
エモ・スクリーモバンドの1stフル。 出会いは、1曲目の「Here I Stand」で、イントロからやられました。メタリックなギターにSAOSIN並みのどエモサウンドで曲が始まる訳ですが、随所にピアノが流れてるってトコに一番、壷を押されました^^; 思わず、ピアノエモならず、ピアノスクリーモか!って突っ込みを入れましたから^^;
でも、結果的にはかなりマッチしてて、全然違和感が無いんだよね・・・ 他の曲にも同じような感じで、ピアノが所々に絡んでくるんだけど、ちゃんと曲に馴染んでるね^^
話は変わりますが、このバンド、Road Runnerと契約してるんですね。
CD買って初めて気づきましたが、Road~にしては珍しいなって思いましたね。
てか、エモ・スクリーモバンドって初?じゃない? 分からんけど・・・^^;

④Linkin Park 「Minutes To Midnight」
4年ぶりです。待望の3rdがやっと、やっと、リリースされました~
だれもが、待ちくたびれた事でしょうに^^;
まあ、活動的にはライブCD「Live In Texas」、Hip-Hop界のカリスマJay-Zとのコラボ作「Collision Course」や、昨年のサマソニでの来日があった訳ですが、やはり4年は長すぎる。
確かに、洋楽アーティストには良くある事なんだろうけど、そこら辺は勘弁して欲しいな・・・^^;
まあ、うだうだ言っててもしょうがないんで、肝心な楽曲の感想の方に移りますか~
最初一通り聴いた感じ、正直、「えっ!?」って思いましたね。
全体的に、1st、2ndと比べると、かなり落ち着いてて、チェスターのスクリーム、マイクのラップが少ない!ってのが正直なところです。一言で言うと、良くありげなオルタナロック?って感じかな・・・ アレンジもかなりシンプルになったし音もつまんないな~って思った。
・・・とは言ったものの、7月7日に幕張メッセで行われた「LIVE EARTH」を見てからは、かなり聴き方が変わりましたね。
ライブでは、新曲も絡んでセットリストが組まれてたんだけど、8曲目の「No More Sorrow」のイントロを聴いたときは、鳥肌が立ちましたね!ライブで聴くと全然違いますよ!
って、実際に会場に行った訳ではないんですがね^^; 他の新曲もそれのお陰で普通に聴けるようになったし、なんら前作、前々作との拒絶感がなくなりましたね。
お陰で、最近じゃ毎日聴いてますから~ 買ってよかった^^ ありがとうリンキン!!


他にも、紹介したい作品はあるけど、ブログ書くの飽きてきたからまた今度にします・・・ たぶん・・・
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-07-15 19:13 | 洋楽ロック

CD購入状況・・・

やあ!久しぶりの投稿だよ~ ・・・と言っても見てくれる人は限られるけど^^;
ある友人に言われて、しばらく更新してない事に昨日気づいたよ。
てな訳で、前回以降に購入したCDの中から何枚か紹介する事にしま~す!

【洋楽ロック】
①SAOSIN 「SAOSIN e.p.」「Translating The Name」
いわゆる、エモ・スクリーモど直球のバンド。
現在のヴォーカルは2代目で、「Translating~」のみ初代Vo.です。
微妙なクセは聴き込んでいる人なら分かるけど、一聴、ほとんど同じように聴こえ両者超と言っていいほどのハイトーンヴォイス! サウンドは、かなりメタリックなギターにエモ特有のグサグサするリフなんだけど、その美声の効果はカナリ効いていて、ホントに男性が発する声か?ってほど圧倒されますな。 まあ、両者の大きな違いは、スクリームがあるかどうかで、初代の方が遠慮なく叫んでいたって感じです。現Vo.は初代より声量があるらしく、今にも声がかれて叫びそうなんだけど、それを通り越して1オクターブ上まで発してますな。
※ちなみに、「Translating~」は超レアCDです。HMV、Tower Recordsとかでも買えません! 俺の場合は、「OTMonline」っていう輸入版のみを扱っているCDショップサイトで手に入れました。でも、入荷してもレアと言う事もあってスグに売り切れますのでご注意を!
オークションだと結構な値段したりします・・・^^;

②Quiet Drive 「When All That's Let Is You」
このバンドも大まかに言ってしまえばエモに入るんだろうけど、基本線はポップパンクを演じてるってとこかな。Quiet~には悪いけど、このCDを買った理由はシンディーロパーの「Time After Time」のカバーが収録されているから! 「Time~」は、多くカバーされる楽曲のうちの一つですが、久しぶりに良いカバーに出会えたって感じです。
早く言えば、「Time After Time (エモバラードヴァージョン)」ですね。 サビで、一気にエモいギターリフが壮大にからんできて、かなりの感動ものに仕上がっています。
他の曲は、悪くは無いけど「Time~」を聴くと正直しょぼく感じる・・・^^;
個人的には次の作品に期待ってとこですね。

③Enter Shikari 「Take To The Skies」
聴いた感じ正直に言うと、テクノ、スクリーモ、ハードコアメタルが中途半端に融合してるって感じ! と、言ってもショボい訳ではなく、普通に良いです^^
テクノ?が絡んでくるので拒否る人も少なくはないとは思うけど、雑食な俺にとっては結構ツボよ^^ どの曲も、イントロからどんどん展開していく構成は絶品だね。テクノとハードコアのギャップがまたイイし!!

④My Chemical Romance 「Famous Last Words (CDS)」
シングル曲はもちろん素晴らしいのですが、ココでのお勧めはC/Wの「My Way Home Is Through You」です!!
最新作「Black Parade」は素晴らしい作品に仕上がったわけなのですが正直、俺も含め前作が好きだった人は物足りなさを感じたはず。
「This Is How I Disappear」「Mama」「Welcome To Black Parade」「Heaven Help Us」等では前作ぶりを発揮していたようだけどトータルしてみると少し、大人になってしまった感が感じるね・・・^^; でも、「My Way~」は、やはりマイケミは「こうじゃなくちゃ」って言う位エモパンクな曲になって、これを聴いてかなり安心したよ^^;

【邦楽ロック】
①マキシマムザホルモン 「ぶっ生き返す」
タイトルからして意味不明ですが、作る楽曲は完璧としか言いようがありませんな。
早く言えば、ミクスチャー・ハードコアパンクなんだろうけど、そこも今回のアルバムでは微妙なところ。
ハードコアかと思いきや急にスカっぽいギターが絡んできたり、メロコアちっくになってみたり、ポップになってみたりと、かなり色んな要素を含んでおります。このアルバムは爆音でしか聴いちゃダメ!って言ってるかのようにテンションの上がる楽曲ばかり収録されています。
邦楽パンクでは、ELLEGARDENの次に個人的にきてるバンドです^^

②10-FEET 「Stone Clold Break」
相変わらず、裏切らないミクスチャーパンクを聴かせてくれるバンド。今回も彼等らし~いハジけるパンクナンバーを聴かせてくれました^^ このバンドが好きになったきっかけは、「nil?」をラジオで聴いてからなんですが、それ以来ずーっと変わらずの音楽性を貫き通してるね。
素晴らしい事です。あえて変わったと言えば、サウンドのクオリティーですかね・・・ あのジリジリとしたリフが気持ちがいいです。
※ちなみに、マキシマムザホルモンと仲のいいバンドの一組で、前作のシングル「OVERCOME」のC/Wでコラボもしてたくらい^^; ファンとしては嬉しかったのと同時にうけました(笑)
b0058837_1629414.jpg
b0058837_16295153.jpg
b0058837_1630172.jpg
b0058837_16301141.jpg
b0058837_16302115.jpg
b0058837_16303069.jpg
b0058837_16303973.jpg

[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-05-27 16:31 | 洋楽ロック

2007年初買い

購入はいつも通りHMV Onlineからです。
買ったCD↓
①「American Idiot -爆発ライヴTokyo編cd付」 Green Day
今さらですが、購入。発売当初にレンタルで借りたやつのコピーでしか持って無く、久しぶりに聴いたらすごく良かったのでHMVのポイントも2500円分貯まってたということもあってついでに・・・
とは言うものの、この作品は、本当に最高傑作だと思います。1曲目のAmerican Idiotはもちろん全曲爆音で聴けますね!特に2曲目のパンク組曲?は何度聴いても素晴らしいと思います。ジャンルは違うけど、Xの「Art Of Life」を始めて聴いてしびれたときの事を思い出します。やはり、グリーンデイ!!

②「Drop Of Ink」 Pay Money To My Pain
ラジオで聴いたのがきっかけで即、注文!
普通に洋楽のハードコアバンドだと思いましたからね^^;
でも、ネットでどんどん調べていくうちに5人中4人が日本人だという事が分かったときはマジで驚きましたよ。New Starting Overを聴いたときもそうだけど、邦楽バンドも捨てたもんじゃないなって改めて思いました。それに発売前にGyaoでPVが視聴できたのでP.T.Pの印象もどんどん良くなっていき、CDを聴く前から早くも2007年アルバム・オブ・ジ・イヤーにノミネートしましたよ^^;

③「Homeland Insecurity」 Endwell
ここ最近メタルコアとスクリーモの境が聴いてて良く分からないようなバンドがどんどん増えてきいるけど、このバンドもその様なバンド。昨年は1時期はまっていてまた、最近聴くようになりました。最初はBullet For My ValentineのPoisonからハマッテいき、The Autumn Offering、It Dies Today、The Agony Sceneなどを聴いてましたね。
正直、全曲通して聴くと飽きるときもあるけど2、3週間空けると聴きたくなりますね。

④「Everlasting」 Northern 19
最近のメロコア勢の中では自分では1番だと思います。
決め手はindiesmusic.comで公開されてたPVですね!基本的にメロコアはどのバンドも同じだろうって感じなんだけど、このバンドは「並」よりははるかに上って感じかな?
昨年発売されたlocofrank、dustboxの新作も悪くなかったけどそれよりもイイです^^

⑤「Sufferer The Witness」 Rise Against
つい、国内版が発売されるものだと勝手に思ってて全然発売されないし、我慢できなくなったから購入してしまいました。前作は国内版あるのに~(\。/)
作品的には前作を超えてますな。前作はちょっとポップ色が強いような気がしたからこのくらいがちょうどいいです。・・・とは言うものの個人的にはもう少し重さと激しさを増して欲しかったというのが正直なところです^^;

⑥「Saosin」 Saosin
「Translating The Name」も欲しかったけどもう手遅れみたいですね。買おうって思ったのがGrind House FMっていうラジオ番組を聴いてて、おそらく「Translating~」に収録されているだろう?っていう曲が流れてたのがきっかけです。1stフルは会社の先輩に「これすごいから聴いてみ~」って進められて聴いていたんですが、そこで流れてた曲には1stフルでは聴くことのできないスクリームがその曲で使われてて聴いた瞬間「これ、マジすごっ!」って思いましたね。
それがあって「Translating~」を購入しようと思ったらもうレア物になっちゃってて「Saosin EP」もそうならない内に買ったって訳です。

⑦「Liberation Transmission (+DVD)」 Lostprophets
発売当初に買うつもりが、何故か買い逃してしまいほとんど諦めてました。
DVD付きはどのCDショップに行ってもおいてなくて、通常版を買う覚悟までしていました^^;
ある雑誌(たしか「What's IN」だったかもしれない・・・)でいろんなアーティストに昨年の良かったアルバムランキングみたいなことを聞いているページがあって、「上木彩矢」っていう歌手のランキングにこのアルバムが書いてあって、なぜかそれを見た瞬間すぐに欲しくなりましたね。
上木彩矢は結構ロック色強い曲を歌ってる人なのでこういう人が一押ししてるって事は絶対に良かったんだ!って勝手に思って無性に欲しくなったって訳です。

今年はすでにA Static Lallubyの新作がすごい事になってるみたいなので、すでにそれの予約をしてしまってます^^
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-02-04 16:13 | 洋楽ロック

アーティスト Of The Year (邦楽篇)

洋楽篇に続いてコチラも書いてみる事にしました!
邦楽にもなかなかいいバンドがありますし聴かないのはもったいないですね。スクリーモバンドは寂しいことにほとんど無いですが、邦楽の場合はやっぱりメロコア、パンクですよ。今年買ったCDの大体7割くらいはそうでしたからね。dust box、locofrank、ELLEGARDEN、超飛行少年、Over Arm Throw、ストレイテナー、マキシマムザホルモン、10-FEET、BACK-ONとかとか・・・どれも新作は傑作揃いでした。
パンク系に留まらずDir en grey、ガゼット、HYDE、FACT、New Starting Overにもかなり良いものを聴かせてもらいました。

●Dir en grey
どんどん激しさを増してますね!初期のV系ロックと比べると全然違うバンドのように思えます。昨年の音源でのリリースはシングル2枚のみでファンとしては物足りなかったですが、この2曲を聴く限りではVulgar、six Uglyの頃とはまた違う面を見せていますね。何と言うか少し重さよりも激しさが前にでてるような・・・?
CLEVER SLEAZOIDや前作Withering to death.からも所々そういった面が見られます。
一番いい例が最新シングルのAgitated Screams Of Maggotsが全くそうでございます^^;
個人的にはもう少し重さを取り戻して欲しい限りなんですけど、最近は世界の有名ロックフェスでも活躍しているのでどんどん有名になって言って欲しいですね。

●ガゼット
1年かけてやっと好きになったバンドですな!
元々V系ファンと言うこともあってマメにチェックはしていたんですが、おととし12月にリリースされた「Cassis」!この曲のお陰で以前よりも注目するようになりアルバムNILも発売してスグに購入しましたね。しかし、CassisとDISCHARGE以外はあまりピンとこなく2回くらい聴いてしばらく聴いていませんでした。でも、昨年リリースされた「Filth in the beauty」で一気にブッ飛びましたね!正直イントロのクラブ系?っぽい女性の歌声には最初のうちはなれませんでしたが今はそれも含めて気に入っています。これぞ俺が求めてたガゼットだと思いますね。それで、アルバムNILも改めて聴き直し、今ではほぼ全曲がお気に入りです。最近はMaggots、バレッタ、D.L.N.をよく聴きます。

●HYDE
すでに自分なりのジャンルを確立してますね。
1st「666」ではパンク、ハードロック色が強く個人的にはかなり気に入っていたのですが昨年リリースの「FAITH」は666を少し豪華?にしたような音作りでこれはこれで好きですな。
正直「COUNTDOWN」のような曲がほとんどを占めて欲しかったのですがアレはアレでカッコいいアルバムなので文句はないです。
昨年リリースのライブDVD「FAITH LIVE」を見てたらすごいロックを楽しんでるっていうのが伝わってきましたし、ツアーメンバーも立派なHYDEバンドとして確立してましたし。
個人的にはオフショットで演奏していたSHALLOW SLEEPがすごい癒されましたね。
お陰で1stのROENTGENも久しぶりに聴きましたし。

●New Starting Over
日本にこんなバンドがいたなんて全然知りませんでした。
知ったきっかけがpurevolume.comなんですが、聴いたときは普通に洋楽バンドだとおもいましたから^^;まあ、実際に今も洋楽スクリーモバンドのCDラックに一緒に並べてあるんですがね。
エモの要素があるバンドはかなり増えてきているけど、日本にもどんどんスクリーモバンドが増えて言って欲しいです。

●FACT
これはまた新しいジャンル?ですね。
購入したのは「Never Turn Out The Light To Keep Myself」で、聴いた感じメタルコア、メロコア、スクリーモの融合のように聞こえます。
曲の構成的には部分部分に各要素を目立たせている感じですかね!
で、一番驚いたのが12曲収録で27分!単純に計算すると1曲あたり2分30秒もないってことなんですよー。ここら辺がやっぱ邦楽バンドっぽさなのかな~?って思いました。

●BACK-ON
昨年は邦楽バンド発掘年で本当に今までにないくらい沢山のバンドを聴きましたね~
BACK-ONはその中で唯一のミクスチャーバンドで、久しぶりにノリノリなのを見つけました。
まず、最初にやられたのがシングルChain。今まであったようで無かったミクスチャーロックで、次世代ミクスチャーとも呼び名が高い曲構成になってます。ヴォーカルのハイトーンヴォイスが奏でる主旋律とHip-Hop色強いラップの融合っていうのかな?かなりマッチしてます!
そしてChainの一番の聴き所は曲の間奏です。何かよく分からんけどBACK-ONのパーツ(特に重低音とラップ)が全て注ぎ込まれててかなりエネルギッシュなところがカッコいいです。
もう1曲は、先月リリースされたばっかのミニアルバム「New World」のタイトルチューンですね。この曲の一番の聴き所はズバリ!イントロです。初めて聴いたときはおぉ!リンキンっぽいって思いましたからね^^ 何度聴いても気持ちがいいっす!

ランキングは↓のようになります。(アルバム単位ではなくアーティスト総合です)
1.ELLEGARDEN
2.ガゼット
3.超飛行少年
4.HYDE
5.Over Arm Throw
6.Dir en grey
7.dustbox
8.ストレイテナー
9.マキシマムザホルモン
10.New Starting Over
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2007-01-08 15:50 | 邦楽ロック

アルバム Of The Year (洋楽篇)

今年もイイアルバム沢山ありましたね~!
と、言ってもまだ3週間くらい残ってるわけですが・・・
でも今年もスクリーモ、エモ、パンク、ミクスチャー、ニューメタル、メタルコアをこりずに沢山聴いたような気がするけど、今年買ったCDをずらっと見てみると所々にロックじゃないジャンルのCDとかもあったりします。
例えば、Fort MinorのThe Rising Tied、レンタルではあるけどBlueのBest Of Blue、同じくVanessa CarltonのBe not Nobodyとかとか・・・今年発売ではないけどいろいろ聴きました。

で、ランキングはTOP10くらいにしぼろうかな?沢山ありすぎて悩むけど最もよかった10作を選んでみようと思います。
↓まず、今年発売したCDリスト↓
・UNDEROATH「Define The Great Line」
・Waterdown「All Riot」
・Faktion「Faktion」
・Twin Method「Volume Of Self」
・Dropping Daylight「Brace」
・Within「End Is Near: Consider Yourselfwarned」
・A Change Of Pace「Prepare The Masses」
・Stellar Kart「We Can't Stand Sitting Down」
・Red Jumpsuit Apparatus「Don't You Fake It」
・Bleed The Dream「Built By Blood」
・Drop Dead Gorgeous「In Vogue」
・Trivium「Crusade」
・Papa Roach「Paramour Sessions」
・Dead Poetic「Vices」
・A Static Lullaby「A Static Lullaby」
・It Dies Today「Sirens」
・My Chemical Romance「Black Parade」
・Saosin「Saosin」
・Black Maria「Shared History Of Tragedy」
・Zebrahead「Broadcast To The World」
・Breaking Benjamin「Phobia」
・Hoobastank「Every Man For Himself」
・Avenged Sevenfold「City Of Evil」
・Bullet For My Valentine「The Poison」
・Yellowcard「Lights & Sounds」
・New Found Glory「Coming Home」

今思いつくだけでもかなりあるけど、この中から10作品選ぶと
1位.Saosin
2位.UNDEROATH
3位.Dead Poetic
4位.Papa Roach
5位.Waterdown
6位.Bullet For My Valentine
7位.Zebrahead
8位.Trivium
9位.Breaking Benjamin
10位.A Static Lullaby
と言うことにします。
Red Jumpsuit Apparatus、Bleed The Dream、A Change Of Pace、It Dies Today、My Chemical Romanceは入れたかった~
無理やり全部10位タイと言うことにしたかったけどココは諦めます・・・
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2006-12-10 23:24 | 洋楽ロック

洋楽を聴くようになったきっかけ・・・そしてスクリーモ!

ん~今年もいい作品の勢ぞろいでした~^^
って、洋楽ロックを聴き始めてからそんな経ってないですが・・・^^;

そもそも、洋楽の聴き始めはラルクのテッちゃんが、フライングラルクアタックというラジオ番組で当時売れてたミシェル・ブランチの「スピリットルーム」というアルバムをお勧めしていたのがきっかけで、そこからどんどん色んな方面から聴いていったって感じですかね。確か、その頃は高1だったから2001年?かなたぶん・・・(自分で思い出しといてちょっと懐かしい^^;)
でも、その前にも中3の頃にBon JoviのClashに収録されている「It’s My Lile」とかにもはまっていたんですが、そこから違う洋楽アーティストを聴きにいくことはありませんでしたね。
まあ、それまでは聴く音楽と言えばほとんどラルク、ジャンヌダルク、リュシフェルとかでしたから~。
でも、フライングラルクアタックを聴いていたお陰で聴く音楽の幅が広がりましたよ^^
他にもリンキンとかもhydeが紹介(そのときはIn the endをお勧めしてました。)してて、コレカッコいい!なって思ってスグにCDレンタル屋に行きましたからね。
で、そこからメタル→Chilren Of Bodom→ミクスチャ→Zebrahead→Green Day→メロディックパンク→エモ→My Chemical Romance→THE USED→スクリーモって感じで今に至るわけです・・・
最近は、ほとんどスクリーモしか聴いていない気がするんですが全然空きませんね。むしろ、もっといろんなバンドを聴いてみたいし今度買うCDもスクリーモ以外考えられませんからね^^;
改めて思うけど、スクリーモは素晴らしいジャンルですよ!メタル、ハードコア、エモ、ニューメタルが上手い具合に混ざっていてそのバンドによって各方面の色とか味が引き出されてくるし、なにより爆音で聴くと気持ちがイイ!それに尽きます^^
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2006-12-03 18:39 | 音楽関連

やっと手に入れた音楽携帯

携帯はauなんですが、以前のやつは28ヶ月以上使っててずっとLISMOがついた携帯が欲しかったんですよ~。でも、やっと約1ヶ月前に機種交換しました。
機種はW44Tというやつで、大塚愛がチョット前にCMしてたやつですね。ホントはそれを買う気は全くなかったんですがショップの定員さんがあまりにも上手い事言うもんでついつい話に乗せられて買ってしまいました^^;
でも、28ヶ月も使ってたのでほとんど半額状態で交換できたのでまあ、いい買い物したかな?っては思ってますね。それにW44Tは音楽携帯だということでメモリが1GBあって音楽もバンバン取り込めるみたいなんですよねー。実際今は取り込みすぎてメモリの使用率が50%きってますけど・・・^^;
後もう一つ驚く機能があって、Bluetooh(ブルートゥース?)レシーバというやつが付いてきたんですよ。見た目は、一見ウォークマンのリモコンなんですが本体と線を繋ぐところがなくて、あるはのはイヤホンの端子を挿すところのみなんですね。
説明書を読む限りだと携帯からそのレシーバに赤外線で音楽データを送って、そのままレシーバで聴けると言う機能らしく私は、その機能にすごく感動しまして今でも珍しそうに操作してます^^;

でも、一つ言える事があってですね~やっぱ所詮デジタルオーディオだなって事ですね!友達が持ってるiPodを聴いても同じ事を思ったんですが、なんかあの音質に違和感があるんですよね~。何か、妙にクリアすぎるしハードコアやスクリーモ系を聴くと音が細く聞こえてきてすごい聴いてる気がしないんですね。まあ、mp3形式でもCD音質の10分の1ですし、それをさらに半分くらいに圧縮してあるからしょうがないって言えばそうなんですけど、やっぱり私は、CDとかDVDオーディオディスクの音質が一番だと思いますよ~^^
チョット心配してる事が、このままデジタルオーディオが主流になってきてCDとかが売られなくなるような事がでてくるんじゃないかな?ってたまに思うんですよね(/。\)
それがすごい現実化してきそうで怖いんですがね。

<チョット余談>
個人的にもっと細かいことを言うとロックを聴くときはMDの音質くらいが一番聴いててしっくりきたりします~
何故か知らないですが、MDの音質になるとベース音が上手い具合にいい位置にあるんですよねー。まあ、ココまで言うと自分でもバカとしか言いようがありませんが^^、あの音質は何度聴いてても気持ちがエエね!特に爆音で・・・

・・・まあ、本当は携帯をかって嬉しかったっていう内容にしたかったのですがカナリマニアックな話になってしまいました~^^;
b0058837_19225332.jpg

[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2006-09-24 19:21 | 音楽関連

リンキン!

何度聴いてもいいんだな~(>_<) ― LINKIN PARK ―
[PR]
# by mitsuyuki0309 | 2006-09-23 16:05 | 洋楽ロック